www.mownysa.info

どこにでもあるビギナー向けの外国為替証拠金取引の教科書では「損失が生じた時はナンピンで、ポジションの買い付け価格を下げる」などと説明されているが、実際はこれには大きな危険性があると思います。まずは、ナンピン買いの方法について手短に記述します。仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。ドル買いということで、ドル高になるほど儲けが出ますが、不幸にして1ドル=95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。そのままの状況でポジションを所有し続けたら利益がでるためにはドル安になった分円安ドル高に進む必要があります。誰もがみんな、損失は出来るだけ早く0にしたいと考えるでしょう。この状況を変えるためはじめに売買したのと同額の$を、1ドルを95円で買います。すると、ポジション全体の買い付け価格は1ドル=97.50円まで下げることができますつまり、2円50銭の幅で円安ドル高が進行すれば、赤字を回復する事ができます。それが、ナンピン買いのやり方です。このように、ナンピンのやり方をみると「まちがいない」という風に思うが外国為替市場は容易には問屋を卸しません。1ドル95円が下値だということなど、なんびとも分かりません。仮に、相場がかなりの円高傾向だとすると95円ではとどまらず、一段のドル安が進む確率は高くなります。97.50円でナンピン買いをしたとしても95円まで円高になったらナンピン買いした分についても、損失が生じます。こういう状況では最初に売買したドルとあわせて倍の差損を被ることになる。この例のように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。それならば、相場が脚本とは反対にすぐに進む場合どういった対策で危機を軽減すればいいのでしょうか。そこで選べる選択肢は2つあります。ひとつは観念してポジションを諦める事です。もうひとつは今、自分か所有しているポジションを縮小することによって改めて外国為替市場が回復するのをじっと待ち望むことです。だいぶ消極的なやり方だと思う方もいるでしょう。だがしかし、ポジションに損が生まれた場合、一番危険の少ない対策はこの2つ以外にはありません。なるほど、考え方としては、ナンピンをする手法もあると思います。だけどナンピンは、自分か損をしている場面で買いポジションを小さくするどころかそれとは反対にポジションを積み増していく対策です。これでは、リスクをコントロールすることなど、どう頑張っても無謀だと思うべきです。ナンピンをし続ければやがては利益を上げられるかもしれません。だがしかし、それより前に投資資金はマイナスになってしまいます。

コンテンツメニュー