www.mownysa.info

FX(外国為替証拠金取引)には取引所取引という取引があります。通常のFX会社と商業取引を実践する行為を「店頭取引」と言うのですが、これは取引所を通行させないで取引の対象はFX企業になるのです。「取引所取引」という所は外国為替証拠金取引(FX)企業はあくまで仲介であるので直のビジネスパートナーは取引所という訳になるのです。この違いをこの場でちょっと比べてみます。まず初めに「店頭取引」のケースは預金している証拠金は外国為替証拠金取引(FX)会社に管制されています。片や「取引所取引」の折、その証拠金は全金額取引所に供託しなければいけないと義務にされております。そういった事でFX業者が倒産するような事柄があっても、取引所取引は取引所によってお金は全ての額守護されているということになるのです。場面は外為(FX)企業が管理しているから、場面により業者経営破たんのつけをに襲われて預託していた証拠金は防衛されないのかもしれません。重ねて税金面からみても両者双方内容に違いがございます。「店頭取引」では、為替差益やスワップ金利などを雑所得として給料と総額で報告をせねばなりません。確定申告しなくても良いケースもあるとの事ですので、自分に共通するか当てはまらないか入念に検証してください。もしあなたが会社員で年収二千万円以下給与所得を除いた収入が20万円以下(複数の会社から給与所得が無いということ)といった基準を守っているのであれば例外という事で確定申告は不要になります。FX(外国為替証拠金取引)収益が二十万円以上場面は確定申告しなければいけません。税金の率は実入りに従い5〜40%の6つの段階に分割されていまして稼ぎが高いのであれば税も上がります。「取引所取引」では、収益があった折は他の収益とは別として「申告分離課税」のターゲットとなってしまうでしょう。税率はすべて20%となるのですがもしも損失が断定されたのだったら「取引所取引」のメリットとしてマイナス分を次年以降に先送りという事が可能です。上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安価な税になるときもありますので照らし合わせてみて考えた方が良いと考えます。中でも初心者の方は、株価の変化や円相場に常に注意して、利潤や損金分に一喜一憂する事によって、税金においてのことを忘れて放置になることもありますので、気をつけましょう。損は困ります。でも、収益が増加すれば税金においても高騰するので意識と理解が大事との事です。

コンテンツメニュー