www.mownysa.info

破産宣告にあたってその負債に関しその保証人となる人を立てている場合にはきちんと相談をしておいた方が良いです。ここで、改めて言いますが、保証人となる人物を立てている場合は破産手続きの前段階にちょっと考えた方がいいでしょう。つまりはあなた自身が破産宣告をして免除されるとその人たちがその返済義務をいっさいがっさい支払う義務が生じるからです。だから、破産の前段階に、今までの経緯や現状について報告して、お詫びの一つもなければいけないでしょう。そういうことはあなたの保証人の立場で考えると求められることです。あなた自身が破産の申告をするために、強制的に大きな支払い義務が発生するのです。それ以降の保証人である人の考慮する選択ルート4つあります。まず1つめですが保証人である人が「すべて返す」という選択肢です。保証人である人がいつでも数百万もの債務を苦労することなく返せるほどのようなお金をたくわえているならば、この方法を取ることができます。でもその場合は、あなたは破産申告せずその保証人に立て替えてもらって、保証人に月々の返済するという手順も取れるのではないかと思います。保証人が債務者と関係が良い場合は少し返金期間を繰り延べてもらうことも可能かもしれません。たとえ一括で完済できない場合でも貸方も相談により分割支払いに応じるかもしれません。その保証人にも債務整理をされると、お金が全然弁済されない可能性があるからです。保証人がもし債務者のカネを代わりに支払う経済力がないなら、借金したまた同様にいずれかの債務整理をすることを選ばなくてはなりません。続く選択肢は「任意整理」によって処理することです。この場合相手方と落としどころをつけることで、5年以内くらいの年月で完済をめざす感じになります。実際に弁護士に依頼するにあたっての経費の相場は債権者1社ごとに4万円。7社からローンがあるとしたら約28万円かかります。当然債権者との話し合いを自分でやってしまうことも不可能ではないですがこの面での経験も知識もない方の場合向こうが自分たちに有利な内容を用意してくるので注意が必要です。ただ、任意整理をするとしても保証人となる人に借り入れを払ってもらうわけなので、借金をしたあなたは少しずつでもその保証人に支払っていくべきです。さらに3つめは保証人となっている人もあなたと同様に「破産手続きをする」という選択です。あなたの保証人も返済できなくなった人とともに破産手続きをすれば、保証人となっている人の債務も消滅します。しかしながら、その保証人が株式などを所有している場合はそれらの私財を取り上げられてしまいますし、資格制限がある職についている場合影響がでます。そういった場合、個人再生制度を検討するといいでしょう。4つめの方法としては「個人再生を利用する」ことができます。戸建て住宅などを残したまま負債整理をする場合や破産申し立てでは制限がかかる職業に従事している場合に選択できるのが個人再生という制度です。この処理の場合、自分の家は処分が求められませんし破産のような職業制限資格制限が一切ありません。

コンテンツメニュー