www.mownysa.info

自賠責保険とは正式には自動車損害賠償責任保険と言い略すと自賠責保険とよばれる保険です。自賠責は通称、強制保険とも呼ばれていて、マイカーを定期車検に出すときにはその期間内に適用される自賠責保険に加入していなければなりません。言い換えれば全ての自動車が加入する必要がある保険です。では自動車が自賠責保険に入ったまま手放した時にはどうでしょうか。自賠責保険は車検の際に更新するケースが結構存在しますが、もし自動車損害賠償責任保険に入ったままの自動車を手放した時は、保険料が返金されるという事例は全然ないと思います。というのも、自賠責保険の効力をいったん抹消して保有者に入れ替えるということはなかなか手間がかかるのです。ですから、強制保険(自賠責保険)の場合は、名義変更をしてクルマとともに移すことが通常です。しかしながら、それと同じだけの価格を商品代に足してくれます。強制保険(自賠責保険)というのは自動車税と違い、既に支払った額を月単位で割った金額が返還されるわけではなく、見積額に乗せるというような方法をとるケースが普通なのですがこのことが査定表に明記されるようなことは珍しいです。ですから、車買取時は強制保険を考慮した金額が見積額に反映されているかを確認するようにしましょう。払った金額がどのくらいの額かだけでもわかっていれば、損をすることはないはずです。その自賠責保険の保険料というのは、契約期間次第で違ってくるものですから、注意してください。クルマの乗り換えの時には自賠責保険の名義書き換えをしなければなりません。仮に名義書き換えをしないままにしていたら、保険会社よりあなた宛てに自賠責保険の満期便りが来ることになります。査定を検討中の自動車が少しでも損をせずに売却されることを応援したいと思います。

コンテンツメニュー